遙乃の部屋

第1226回 「お土産飯を食おう」

2018/05/06


 「腹減った」
 「ふふっ、ではそろそろ晩御飯の支度しましょうか」
 「そうだなぁ、アレ食べない? お土産でもらってきたイブリガッコとモツ」
 「あら、良いですね。悠君が秋田のオフ会に行ってきたときに貰ってきたものと、群馬の大澤さんからのお土産ですね」
 「そうそう。あ、イブリガッコはともかくモツはキツイか?」
 「いえ、最近は日によってつわりだいぶ安定してきてますから大丈夫ですよ。今日はむしろドーンと来いなんです」
 「そっか。安定期はまだ先だけど、食欲戻ってきたなら何よりだよ。元々遙乃食が細いし、ほとんど食べられなくて辛そうだったもんな」
 「そうですね。連休なのにあまり遠出もできてなくてすみません」
 「それはしゃーないよ。子供が生まれたら、いろんなところに連れて行ってあげよう。それまでのお楽しみに取っておくさ」
 「はい。私も遠出できてなくてウズウズしてるので、とっても楽しみです」
 「さて、それじゃあそのいつかの遠出の前に、今日一日を生き延びるための腹ごしらえを頼む」
 「分かりました」


第1225回へ
第1227回へ
戻る