遙乃の部屋

第1254回 「夜番はきつかったぜ」

2018/06/24


 「ん〜、かふっ」
 「ふふっ、ネコみたい」
 「ふぃ〜。体中重いし、眠気も満載だもんでなぁ」
 「72時間連続揚湯試験の夜番でしたものね。疲れもしますよ」
 「思うに、一週間くらい続いてたほうが体が夜モードになれていいんじゃないかな。今回の場合、夜晩さん会分に加えて、最終日は完工式やらにも参加してたわけでさ、中途半端な夜モードだったわけさ」
 「なるほど。昼夜逆転が中途半端に来れば単に眠くなるだけですものね」
 「そゆこと。と言うわけで絶賛眠いんだ」
 「今日はしょうがないですよね。ゆっくり休んでください」
 「おう・・・と言いたいところだけど、あんまりダラダラするのもな。掃除手伝うよ」
 「それは助かりますけど、休んでもらってても大丈夫ですよ?」
 「身重の嫁さんに無理させられるかって。てかさ、こういう時くらいカッコつけさせてくれよ」
 「ありがとうございます。じゃあ素直に甘えさせてもらいますね♪」


第1253回へ
第1255回へ
戻る