遙乃の部屋

第1280回 「ミスったけどまあいいや」

2018/08/29


 もう一つの世界、智未編
 「う〜ん、何でこうなったかな・・・」
 「およ、舞衣が料理してるとは珍しい」
 「あたしだって、たまには料理するわよ。仕事帰りに買い物頼まれたから、せっかくなんで作ってみようかと思って」
 「だそうで、智未もキッチン追い出されたんで、こうしてお義母さんと見守ってる、という訳なんです」
 「なるほど。ところで、メニューは? 見たところ肉じゃがのようだが・・・」
 「いーえ、うどんよ」
 「いや、どう見ても―」
 「しゃらっぷ」
 「・・・えーっとね、要するに具材の入れすぎな訳。最初にニンジン・タマネギ・ジャガイモ・豚肉を入れたのはいいんだけど、入れすぎて他の具材を入れるスペースが無くなっちゃって」
 「なんとなく味付けしたら、肉じゃがになってしまったそうです」
 「・・・あのな」
 「はい。文句言う前に味見してみなさい」
 「まあいいが・・・。うん、肉じゃがとしては普通にうまいな。うどんの汁には見えないが」
 「まあいいでしょう。今夜は肉じゃがとして食べて、具が減ったら他の具を入れて、うどんの汁にしましょうか」
 「ですね。俺腹減っちゃいまいましたよ」


第1279回へ
第1281回へ
戻る