遙乃の部屋

第1300回 「ストーブ出そうぜ」

2018/11/01


 「へっぶしっ!」
 「大丈夫ですか?」
 「ああ、すまん」
 「寒くなってきましたものね。風邪ひかないようにしないと」
 「身重の奥さんに風邪ひかしちゃいかんよな」
 「ふふっ、それは悠君もですよ」
 「んだんだ。あ、そういえばまだ扇風機出しっぱなしだったな。そろそろストーブ出すか?」
 「そうしてもらえるとありがたいです。まだ毛布出せば大丈夫ですけど、朝晩は冷えますから」
 「あ、もしかして我慢させちゃってた?」
 「寒くなってきたのは確かなんですけど、毛布で大丈夫と言えば大丈夫でしたから。私もどこで出そうかと考えていた所です。なので大丈夫ですよ」
 「そうか、それならいいけど・・・。でも、我慢したり一人で溜め込んだりするのは無しだからな。子供生まれりゃもっと大変になるのは目に見えてるんだから」
 「ええ、分かってます。それに、悠君が支えてくれるのでしょう?」
 「もちろんだ」
 「ふふっ。だから私も安心していられるんですよ。きっと大丈夫です」
 「そうだな。気に病み過ぎてもしょうがない。明るくこの子を迎えてやろう」
 「はい♪」


第1299回へ
第1301回へ
戻る