遙乃の部屋

第1316回 「もやし食いたかったんだ」

2018/11/26


 「うし、できたぞ」
 「ご苦労様でした。ふふっ、おいしそう」
 「まあ手抜きも良い所のシンプル料理だけどな。遙乃がいつも作ってくれる手料理には、到底及ばねえよ」
 「いえいえ、そんなことないですよ。作ってもらっただけでも嬉しいです」
 「予定日まであと一月だからな。俺もやれることはやって手伝わないと、と思ってな」
 「そうですね、ありがとうございます」
 「ぶっちゃけて言うと、ネットで昔のもやし祭りの記事を読んでな。それ見て食いたくなった、ってのがデカいのよw」
 「あら、何ですかその『もやし祭り』って」
 「後で見せてやるよ。さ、暖かいうちに食べようぜ」
 「はい。では、いただきます」


第1315回へ
第1317回へ
戻る