遙乃の部屋

第1330回 「ひまなのねん」

2019/01/02


 もう一つの世界、智未編
 「あ゛あ゛あ゛〜」
 「何言ってんだ?」
 「まあ、大体想像つくけど・・・」
 「ひま〜」
 「だと思った」
 「そりゃ、分からなくもないが・・・」
 「どっか出掛けてくればいいじゃない」
 「今時正月から営業やってる所はコンビニくらいだっての。どこ行けってのよ」
 「純君や真奈美ちゃんの所とか、色々あるでしょ」
 「・・・だれ?」
 「ああ、お父さんのお友達の子供。こっちでの幼馴染みたいなものかな」
 「なるほど」
 「大澤さんちなら東京行っちゃってるからいないわよ」
 「あ、そうなんだ」
 「居ねえもんはしゃーないか」
 「だからこうして暇してるのよ」
 『おーい。舞衣、智未、悠輔〜、手伝ってくれ』
 「何か呼んでるぞ」
 「ご飯の準備かな。おせち作るとか言ってたし」
 「何もすることないよりかは良いわ。行きましょー」


第1329回へ
第1331回へ
戻る