遙乃の部屋

第1346回 「新元号決まったね」

2019/04/01


 「そういえば、お昼のニュース見た?」
 「新元号の発表ですよね。『令和』になりましたね」
 「会社でみんなして発表の時テレビの前に引っ付いてみててさ。そう来ると思わなかった名前だよな」
 「確かに。ネットで予想されてるような名前は外す、とありましたが、見事に予想を外してきましたね」
 「それな。で、どう思う? 新しい元号」
 「私は良い名前だと思いますよ。言葉の響きが綺麗だと思います」
 「れいわ、だもんな。それは同感。うちの車の名前も『玲』だしな」
 「惜しかったですねw」
 「まあ含んでるからな。そこまで間違ってないさ」
 「元号について思うのは、また『和』を使うんだな、という所ですね」
 「一個前が『昭和』だったからな。平成を挟んでいるとはいえ、またすぐ使うんだなってのは俺も思った。調べたら、過去20回使われてるんだな、『和』」
 「和を以て貴しとなす、という言葉がありますからね。そういうの好きなんだと思いますよ、日本人全体の気質として」
 「それはあるかもな。だから俺みたいな特殊体質なタイプが嫌われるんだ」
 「そんな自分を卑下しないでください。そうそう、『令』が使われるのは今回が初めてなんだそうですね」
 「過去に候補にも出なかったらしいじゃん。それに、はじめて万葉集から取られた元号なんだってな」
 「いろんな意味合いが込められているんですね」
 「どんな元号だって最初は違和感あるもんだ。その内慣れる。何にせよ、『令和』がこれからの時代を形作る名前になるんだ。歓迎しようじゃないか」
 「そうですね」
 「あーう」
 「そうか、お前も気に入ったか舞衣」
 「ふふっ。耳が良いんですね、この子」


第1345回へ
第1347回へ
戻る