遙乃の部屋

第1350回 「タマには走りに行きましょ」

2019/04/27


 もう一つの世界、智未編
 「とっもみ〜、ゆーすけ〜」
 「どしたの、お姉ちゃん」
 「おう、なんだ?」
 「今日さ、ちょっち走りに行かない?」
 「走りにって、なにで行くの?」
 「車か? それとも自転車? まさかのマラソンか? それは勘弁だなぁ」
 「マラソンなんてあたしもやーよ。そうじゃなくて、サイクリング」
 「珍しいね。いつも車でどっか行っちゃうじゃない」
 「まーね。今回はさ、明後日オフ会があるんだけど、その会場がここ安曇野でね。地元民ってことで、下見に行きたいのよ」
 「オフ会って、お義父さんとやってる燃費競うアレ?」
 「そそ。で、近場に車出すのはあたしの主義に反するのもあるからね。自転車でサイクリングついでに行こうかなって」
 「なるほそ」
 「うん。そういう理由ならいいよ」
 「決まりね。早速準備して行くわよ」
 「あ、待ってよお姉ちゃん」
 「忙しいやっちゃ。じゃ、俺も準備して行きますかね」

雨上がりの安曇野でした。


第1349回へ
第1351回へ
戻る